激安の長距離バス利用なら、フランス一周2万円も夢じゃない! ローコスト・トラベル情報

「フランス、欧州をディープに旅したいけど、意外に交通費がかかる。」「ユーレイルパスなどの国際鉄道パスも上手く使わないと意外に高いな。」と思っていらっしゃる方に朗報を伝えよう。

2015年7月の法律改定に伴い、長距離格安バス路線が急速に乗り入れを開始、またフランスの国鉄SNCFが運営する高速鉄道TGVも、別ブランドで格安路線を次々に増便するなど、フランス中にローコスト・トラベル革命が訪れている。

例をあげながら、フランス一周バス旅行を計算してみよう。

 

 

パリのParis Gallieni Porte Bagnoletバスターミナルから、まず北上してリールまで行ってみよう。リールは世界遺産に指定されている市庁舎の鐘楼含め、フランドル文化が香る美しい街で、ルーヴル美術館に次ぐ規模の美術館も有名だ。ユーロライン社(Euroline 社、http://www.eurolines.fr )の定期便で、所要約2時間30分。一日に5〜6本、お昼頃に出発するなら、日によって片道5ユーロと、サンドイッチのような値段だ。

リールからアルザス地方の首都、世界遺産の町並みがあるストラスブールへ。フリックスビュス( Flixbus 社、https://www.flixbus.fr/) なら、ほとんど毎日、一本だけ所要8時間40分のダイレクト便があり、最低料金は片道19ユーロ。

美味しいビールとアルザスワインの後は、ボージョレ・ワインの里で美食の首都として有名なリヨンに行っていみよう。ウィビュス社(Ouibus 社、http://fr.ouibus.com/fr)所要7時間30分かかるが、日によって片道たったの15ユーロだ。

地中海側の大きな港街、マルセイユで是非、名物のブイヤベースも賞味したい。リヨンからマルセイユは各社定期便が数便運航しており、値段も激安。車中で半日過ごすが、片道9ユーロだから使わない手は無い。

マルセイユからフランス南西部のバラ色の街、トゥールーズへ 〜中略〜 カンペールからパリに戻るには、ウィビュス社夜行便が19ユーロから。これに乗車してホテル代も節約できそうだ。

これら最低料金(2016年10月調査)で旅ができたとすると、2万円以下のバス代でフランスを一周できる計算だ。 座席もゆったりしているし無料wifiも掲載された快適なバスの車窓からの風景も、旅の大切な1ページになるに違いない。いずれもチケットはネットで事前購入、Eチケットを携帯し乗車する。

バスは欧州各地への定期便も多数あり、利用者が多い便は、驚愕の値段で隣国へ旅行が可能だ。更に、格安TGVウィゴOUIGOを利用できるなら、これもかなりおすすめ。片道10ユーロでパリ郊外の駅からマルセイユまで行ける便などがある。

《ローコストな旅についてオリジナル・コンテンツ製作依頼はこちらから》