コンテンポラリー・ニューウェーブの誕生?! デジタルを使って、詩的な3Dアートを製作するGo Segawa

20世紀半以降産まれてきたコンテンポラリーアートと呼ばれるものの中には、絵画や立体の画風やコンセプトがムーブメントになったもの以外に、それまでに無かった手法による芸術も、多々生まれてきた。ナム・ジュン・パイクなどによるヴィデオ・アートは1960年代で、70年代に入ると、3D写真のホログラフィーもアート界に登場した。プロジェクション・マッピング他、デジタル・アートが日常に溢れ出した今、観客が作品に近ずいたり触れたりしながら、その変化を楽しむインタラクティブ・アートは、進化するテクノロジーを土台に、あらゆる分野で応用される可能性を秘めた、芸術的表現の方法として、ますます一般的になっていくだろうと予想される。

   ===

透明なプレキシガラスが格子状に組み合わされた立体に、物体が浮かび上がるような3Dアートを制作するGo Segawa(瀬川 剛)氏(以下敬称略)は、今、フランスで最も注目されるアーティストの一人だ。Go Segawaの作品に出会った人が、二度とその作品を忘れないのは、彼の作品が今までにない、 « 何か新しいもの »だからだろう。

彼の作品は、平面の絵画に奥行きを持たせる・・・のではなく、球体や物体が浮いているような絵を包括する立体(3D)アートだ。作品はまず、コンピューター・グラフィックスで立体として制作される。それを縦割り、横割りした状態の « 物体の断面 »を各プレキシガラスに描く(あるいはシルクスクリーンプリント、UVプリントされ)。そして、それらを組み立てた作品が出来あがる。こうしてできた作品に浮かび上がる色を持つ « 形 »は、ホログラムを見るような不思議な気配をも醸し出しながら、上から、斜めから、横から・・・と、眺める角度で表情を変え、生き生きと見る人に語りかける。デジタルで作品を描いた後に、あえて、アナログで製作するからか、なぜかヒューマンで詩的でもある。特に、初期の作品は、筆で着色したものもあり、デジタルの世界にはほど遠い、画家の執着をも感じる。

『マチエール(質感)を追求した絵画ではない立体的な絵画』、『透明(物質)と不透明(絵の具)の融合』・・・正反対なものを併存させたような彼の作品は、新たなポジショニングが必要な気配だ。だが、彼には、関係なかろう。そういったアカデミー臭い、 « アートのカテゴリー »を超越したという証拠かもしれない。

1970年生まれ、日本、フランスのランス、レンヌ、パリの芸術大学でアート、テクノロジーを使ったアートなどを学んだ。現在、フランス西部24時間レースで有名なル・マン近郊の町、ラ・フェルテ・ベルナールにあるコミューン共同公営文化センターLA LAVERIE (キュレーターはJulien RULLIER氏)にて、約60点を一堂に鑑賞できる個展が2020年11月27日まで開催中。

《パリ、フランス国内での各種美術展・訪問レポート記事や、

オリジナル記事、インタビュー記事のご依頼は、こちらから

LE LAVERIEに在場するGo SEGAWA氏と展示場風景
Dessin/volume: colline imaginaire II – blue –, 20 x 96 x 96 cm, 2017
Dessin/volume: Black Cube in Red (UV print – large), 22 x 22 x 22cm , 2020 と、
マスク姿のGo Segawa 氏